Niko先生のおはなし

自分の当たり前が他人の〇〇〇〇ではない~ストレングスの勉強に参加しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

小牧市エレクトーン・ピアノ教室

 

にし音楽教室☆にこおんぷ

しさち先生です音譜

 

 

 

コーチング&アドラー流

『勇気づけ』のレッスンで

自分で考える力が身に着く

お子様の心の成長もサポートビックリマーク

 

 

 

雪だるま雪だるま雪だるま雪だるま雪だるま

 

 

 

昨日は小牧市でも

雪の舞うような寒い一日でした雪

 

 

 

そんな日に一歩も外へ出ずに

セミナーを受けられる便利な世の中になりましたニヤリ

 

 

 

私のコーチでもある

松本美和先生主催の

 

 

 

ZOOMを使ったオンラインセミナー

ストレングスのお勉強に参加しました

 

 

 

ストレングスというのは

人が持っている資質の事で

 

 

 

 

上矢印こちらの本やネットで上位5位まで

調べられます

 

 

 

にこ先生は追加では34位まで

調べてありますOK

 

 

 

でも先生はなんでそんなにコーチングや

ストレングスの勉強を何度も受けてるの?

 

 

 

ふふふ・・・ニヤリ

まさにそれ!

 

 

 

学習欲が上位にあるので

学ぶことが大好き

 

 

 

知らない事を知ることに

ワクワクするんですラブ

 

 

 

えぇぇぇぇl!

勉強が好きだなんて信じられないびっくりあせる

 

 

 

 

そう思う方もみえるかもしれませんね

 

 

 

 

自分の当たり前が

他人の当たり前では無い 

んですニコニコ 上矢印ここ大事乙女のトキメキ

 

 

 

 

もう一つ例えをあげてみます

 

 

 

内省という資質を持っている

生徒さんがいるとしましょう

 

 

 

にこ先生が質問をしましたが

なかなか返事が返って来ない・・・

この子、質問の意味分かってるのかしら?

 

 

 

 

『時間無いんだから早く答えてくれないかな?』

 

 

 

 

先生自身もモヤモヤ

生徒さんもそんなこと言われたら

余計に答えられなくなるかもしれませんショボーン

 

 

 

 

内省を持っているので答えを出すまでに

自分の中で向き合って考える時間が必要なんです

 

 

 

 

それはこの子にとっては普段から当たり前に

行っている行動ですが

 

 p>

 

 

先生にとっての当たり前ではないので

『なんで~!?』となるわけです

 

 

 

これがそれぞれに持っている

資質の違いであり

 

 

 

それを知る事でコミニュケーションを

円滑に運ぶこともできるのです

 

 

 

最近ではコーチングやストレングスを

取り入れている企業なども有るそうですよロボット

 

 

 

より良いお教室づくりの為

自分の為に

 

 

 

これからも学び続けて行く予定の

先生の活動の一コマでしたウインク

 

 

上矢印ZOOMやってる時のパソコンの画面

変なポーズしてるけどふざけてませんからね~(笑)

 

 

 

皆さんの資質や体験談は

とても参考になりました

ありがとうございましたラブラブ

 

 

 

にし音楽教室 ご案内
 レッスンコースはこちら
 土曜日フリーレッスン日程はこちら
 初心者さんも安心!大人のレッスンはこちら

 体験レッスンのご案内はこちら
 体験レッスンのお申込みはこちら
※Gmailが受信可能な設定にお願いします

 お教室アクセスはこちら

090-4083-0299 お電話でのお問い合わせはこちらの番号をタップで繋がります携帯

 

 

 

エレクトーン・ピアノを始めたい大人の生徒さん(女性限定)募集中ですベル

 

 

 

 

友だち追加 

LINE@に登録頂くとお教室の様子が分かる他、問い合わせや体験レッスンのお申し込みも出来ます

 

 

こちらから登録者様の個人情報は見えませんので

安心して登録していただけます虹

 

※同業の方の登録は遠慮下さいネ

 

 

 

 

クローバー音楽教室の先生には下矢印コチラがお勧め乙女のトキメキ

  N planning☆にこおんぷ

  指導者向けセミナーのプロデュース

  ご案内をしております

 

 

動画ではお教室の様子や先生の思いなどご覧いただけます音譜

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カテゴリー

コメントを残す

*